こんにちは。八王子 カフェ&バー アゴスト店長の百武です。
新たに入荷したクリスマスビールをご紹介したいと思います。

*サンタ ビー(8.5%)

SANTA-BEEは、サンタクロースのサンタ(Santa)とミツバチ(Bee)の造語です。冬ビール用のハーブ類を使用すると共に、ハチミツ入りでコクがあるクリスマスビール。濁りのあるダークブラウン色で、カラメルやチョコレート、干しぶどうのような甘い香り、シナモンのようなスパイシーな香りもあります。冬の夜にゆっくり飲むのにぴったりなビールです。

*デリリュウム クリスマス(10%)

世界で最も美しい醸造所と、ビール専門家達が評価するヒューグ醸造所で造られる”アルコール中毒からくる震え”という意味を持つ「デリリュウム トレメンス」のクリスマスバージョン。デリリュウムシリーズではラベルに幸せのシンボルとしてピンクの象が描かれているのが特徴で、クリスマスバージョンではサンタの格好をしていたり、トナカイの代わりをしていたりと可愛い演出になっているのも一つの楽しみです。
デリリュウムのフルボディを忠実に受け継ぎ、シナモン、クローブといったハーブ&スパイスの芳香が広がると共に、濃厚なコクと確かな苦味が口中に広がります。アメリカではビール専門家が選ぶ世界のビール・ベスト10にも選ばれているビールです。

*ウィンテルコニンクスケ(8.3%)

”Winterkoninkske(ウィンテルコニンクスケ)”は、冬の小さな王様という意味で、カラス麦(オート)を含む7種類の麦芽、2種類のベルギー産ホップ、さらにジュニパー・ベリー(ネズの実)を用いて造られたスペシャルビールです。色は赤みがかった濃いブラウン。カラメル、チョコレート、干しぶどうのような甘い香り、チェリー、ジュニパーベリーの香り、醤油のような香りもあります。

*ルプルス イベルナテュス(9%)

イベルナテュスとはフランス語で「冬眠」という意味。ルプルス醸造所がある地域にはオオカミが住んでいたということや、ホップの毬花はオオカミの顔の形に似ていることでラテン語で「Small Hunble Wolf」を意味する「Humulus Lupulus」という学名が付けられたということなどから、このルプルスシリーズのラベルにはオオカミが描かれています。
ローストモルトを使用したスタウトタイプで、黒に近いダークブラウン色をしています。コーヒー、カカオ、チョコレートのような甘く焦げたような香り、カラメル、はちみつのような濃厚な香り、タバコのような複雑な香りも感じらるフルボディタイプのビールです。

*ケルストパーテル(9%)

チョコレートやコーヒー、カラメルのような香ばしい香り、ブラックチェリー、干しぶどう、はちみつのような甘く濃密な香りがあります。オレンジピールやコリアンダーが使用されていて、濃密なフルーツのような味わい、そしてスパイシーさもあります。甘みと酸味のバランスが良く、とても濃厚で旨みたっぷりのこのビールは、ヴァン・デン・ボッシュ醸造所からです。

こちらにご紹介した、どのクリスマスビールもアルコール度数は8%越え!
ヴォリュームのある味わいとともに、それぞれのビールの色やラベルのデザインも一緒に楽しみながら、、いかがでしょうか☆

皆様のお越しを心よりお待ちしています。