何年か前から、ワインの会なるものを、年に数回ルナで開いていただいております。
開いていただいて、とい うのも、お客様のご自宅に800本以上眠っている素晴らしいワインの数々の中から、毎回、惜し気もなく逸品や有名シャトーものを提供してくださる方がい らっしゃって、いつもワイン好きの面々でそれをいただいてしまう、という申し訳ないような会なのですが、その方いわく、一人で開けても一本がせいぜい、全 部一人で飲んでも美味しくないから(・∀・)と、この会でみんなで飲む、これが良いんだよねぇ、と嬉しいことをおっしゃるので、いそいそと甘えさせていた だいております(^^;

以前は、お店からケータリングしてみたりもしましたが、やっぱり、チーズや野菜、ハムやパテなどとシンプルにいただくのが結局、1番美味しいし、お腹いっぱいにならないので、あともう一本、が飲める、ということで、この形に落ち着きました。

最初の白ワインは何とも味わいの深い、甘い辛いだけではなく、本当にスミレの香りのする、ロマンチックな一本でした。
次は、同じ葡萄を使ったアメリカとフランスのワインを飲み比べ(^O^)
オーパスワンは、お値段が高いことでも有名ですが、なかなかどうして、アメリカ的ではあるけれど、さすがに力強く華やかでストレートな味でした。
うーん美味しい(o^〜^o)と嬉しい顔でみな感激、人間、やっぱり美味しいものの前には、キモチが豊かになりますねぇ!
ボルドーの方は、写真を撮り忘れてしまったのですが、最初ひねくれた感じで入り、しばらくするとおやっ★と変化し始め、結局、濃厚な味にひっぱられて、言うなり、とこの違いは女の人のタイプの違いと同じかしら、とふと思いました…( ̄▽ ̄;)

その後は、間にシャンパンん挟もうということになり、定番のブーブクリコのイエローをあっさり飲み干し、最後に軽くもう一本ということで、カレラを開け…
全員で5人だったので、まんべんなく満喫できました。ありがとうございました〜!

その時に間に合えばよかったのですが、燻製ナッツ、太田店長とトライしてみました。
ウィスキー樽のオークとりんごのチップを用意し、初めての燻製の結果は…(^^;
まあまあ、でした。
でも、これからもっとコツを掴むともっとうまくいくのではないかしら?と期待できる味ではありました。
外でしかできないので、寒いし、匂いがつくし、顔も真っ黒になるのですが、まだまだ他にも燻したいものがたくさんあり、楽しみです!
こうご期待!(でも、もう少し上手になるまでお待ちになってね)