Archives: 2010年12月

ありがとうございました

今年の営業も昨日で全て終わり、なんとか無事2010年を終えることができました。
いらしていただきました、たくさんのお客様に、心より感謝申し上げます。

ありがとうございました。
今年は、変化の年でした。不景気慣れしてしまい、ある意味あきらめかけていた部分もありましたが、実は私は今年から3年間は占いでとても良い時期で、それが終わると大殺界という恐ろしい時期が3年間やってくる、という星なのです。
占いなんて…と思われるでしょうけれど、占いとの付き合い方は、自分ではなかなかわかっていても決断できなかったり、確信が持てなかったり、という時に背中を押してくれる、きっかけや裏付けのようなものではないかなあと思っています。
不思議なことに、そういう時期にはムリをしなくとも、自然と流れがそういう方向になったりするもので、アゴストもリニューアル、という形にはなりましたが、おかげさまで、今までのお客様にも、新しいお客様にも、太田新店長のがんばっている姿を応援していただき、船出としては何とかなったのではないかと、ありがたい気持ちでいっぱいです。

ルナも開店して18年を過ぎ、以前の日本の景気を肌で知る身には、こんな日が来るとは予想もできませんでしたが、今は新しいことを作っていくことに楽しみをみつけ、昔の忙しさからは考えられないようなアナログな作業にワクワクしています。
人間は、変われる、と言いますが、ただ待っていても変わることはなく、自分にないもの、足りないものを受け入れて、人と補い合っていく時に、世界が広がるのかもしれませんね。
いずれやって来る大殺界怖さに、変化を決心した私ではありましたが、今年は、本当にいろいろな意味で私にとって忘れられない年になりました。太田店長にとっても、新たな人生の第一歩となり、オトナへと変わる長い道のりのスタートラインにしっかり立つことができたのではないでしょうかo(^-^)o

皆様の2010年は、いかがでしたか?
もちろん、今年が大殺界に当たっている方や、最悪!何にもいい事なんてなかった、という方もいらっしゃると思います。
でも必ず明けない夜はないのだと言いますよね。
身を切られるような思いをしたことも、この世の中から自分だけ忘れさられたような気がして、死ぬほど悲しい思いをしたことも、時間がたち、真っすぐ向いていけば、また必ずいい事がある、と思います。
なきゃ困ります。
もちろん、そのさなかにはわからないことなんですけれど。
ただ私は、嫌なことは封印して忘れてしまう、という特技を持っているのですが(^^;
人生はじゅんぐり、ですかね。人は巡り合わせですね。
神様は、幸せが来る前には意地悪をするもんなんでしょうね。

また来年、そうそう景気は変わらないとは思いますが、がんばっていきましょう〜!
良いお年をo(^-^)o

ワインと薫製ナッツ

何年か前から、ワインの会なるものを、年に数回ルナで開いていただいております。
開いていただいて、とい うのも、お客様のご自宅に800本以上眠っている素晴らしいワインの数々の中から、毎回、惜し気もなく逸品や有名シャトーものを提供してくださる方がい らっしゃって、いつもワイン好きの面々でそれをいただいてしまう、という申し訳ないような会なのですが、その方いわく、一人で開けても一本がせいぜい、全 部一人で飲んでも美味しくないから(・∀・)と、この会でみんなで飲む、これが良いんだよねぇ、と嬉しいことをおっしゃるので、いそいそと甘えさせていた だいております(^^;

以前は、お店からケータリングしてみたりもしましたが、やっぱり、チーズや野菜、ハムやパテなどとシンプルにいただくのが結局、1番美味しいし、お腹いっぱいにならないので、あともう一本、が飲める、ということで、この形に落ち着きました。

最初の白ワインは何とも味わいの深い、甘い辛いだけではなく、本当にスミレの香りのする、ロマンチックな一本でした。
次は、同じ葡萄を使ったアメリカとフランスのワインを飲み比べ(^O^)
オーパスワンは、お値段が高いことでも有名ですが、なかなかどうして、アメリカ的ではあるけれど、さすがに力強く華やかでストレートな味でした。
うーん美味しい(o^〜^o)と嬉しい顔でみな感激、人間、やっぱり美味しいものの前には、キモチが豊かになりますねぇ!
ボルドーの方は、写真を撮り忘れてしまったのですが、最初ひねくれた感じで入り、しばらくするとおやっ★と変化し始め、結局、濃厚な味にひっぱられて、言うなり、とこの違いは女の人のタイプの違いと同じかしら、とふと思いました…( ̄▽ ̄;)

その後は、間にシャンパンん挟もうということになり、定番のブーブクリコのイエローをあっさり飲み干し、最後に軽くもう一本ということで、カレラを開け…
全員で5人だったので、まんべんなく満喫できました。ありがとうございました〜!

その時に間に合えばよかったのですが、燻製ナッツ、太田店長とトライしてみました。
ウィスキー樽のオークとりんごのチップを用意し、初めての燻製の結果は…(^^;
まあまあ、でした。
でも、これからもっとコツを掴むともっとうまくいくのではないかしら?と期待できる味ではありました。
外でしかできないので、寒いし、匂いがつくし、顔も真っ黒になるのですが、まだまだ他にも燻したいものがたくさんあり、楽しみです!
こうご期待!(でも、もう少し上手になるまでお待ちになってね)

年内の営業時間

年内の営業時間のお知らせです☆

ランチタイムとカフェタイムは、本日より年内の営業をお休みさせていただきます。

また、バータイムは12月30日まで営業致しますので、どうぞよろしくお願い致します。

売れました(・∀・)


前回の展示は、アゴストとルナにアルバイトで関わった人達の、今年の芸祭での作品を上野さんが撮った写真をコラージュしたものだったのですが、一点だけ、グラフィック科の坂井さんの作品だけは、絵画をそのまま展示していました。

次に、また新しい展示が始まるので、12日が入れ替えの日だったのですが、前日の夜遅く、アゴストにいらしていたお客様が気に入って下ったようで、その絵を
買いたい
とおっしゃったのです。
最近、お子さんがお生まれになったようで、記念に、とのことでした。
一日違えば、もう違う作品が展示されていたかと思うと、何だか運命的ですねぇ!
坂井さんは、名門フェリス女学院を辞めてまで多摩美に入り直した変わり種?で、小柄で細いおっとりとした女の子です。
アゴストで、第一号の記念すべき`売れた´絵になりました。

よかったです(・∀・)
ありがとうございました。

プリントゴッコ

最近は、プリンターで手書き年賀状もできると黒木メイサが言ってる時代だというのに、今年は太田店長のご実家で使っていたプリントごっこで年賀状を作ってみました。

200枚(・∀・)

最初は、ズレたりインクがムラになったり、乾かすのに全部並べたりと、いまどきアナログな作業に、インクの臭いで頭痛くなりながら、でも、手作り作業は結構楽しい♪ものですね。

太田店長が、美大出身ということもあり、アゴストの改装もルナの衣更えも、前なら全部業者まかせだったのが、じゃあ、やっちゃいましょう!と軽く言う店長に、あら、こんなのも自分達でできちゃうんだ〜と驚きと同時に楽しさを教えてもらいました。

秋葉原と御徒町の高架下に、ものづくりの町2K540というショッピングモールができたそうです。今度、店長と覗いてきますので、また報告を♪

Ctiy scape 展

アップが遅れてしまいすみませんでした…展示のお知らせです。

日曜日に作品の入れ替えをして、12/13から新しい展示が始まりました。

今回の展示は、私の多摩美時代の同級生の磯野迪子さんの展示会です。

みっちゃんは高校生の時からアメリカに留学して、NYのジュリアードスクールを卒業後、日本に戻り多摩美に入学。多摩美卒業後、今は東京芸術大学の大学院に進み、先端芸術学科で制作を続けています。元ダンサーなみっちゃんは、いつも楽しそうに踊るように歩いています♪

みっちゃんは、作品の為ならどんな努力や根気のいる作業もとことんやりぬきます。なので、作品はいつもクウォリティーが高く、一点の妥協もありません。常に自分を追い込んで作業をしている姿は、今も全くかわっていないですね。寧ろ進んでる…

そうして作られたガラスの玉も、今回店内に展示されています。すべて手仕事で仕上げられた玉です。

必見です!!

実際預かる身としては、嬉しいけれど、ハラハラドキドキ…皆様どうかお手は触れないでくださいね(;▽;)

それと、開催期間中、アゴストにてトイレットペーパーの作品を展示&販売中ですので、こちらの方もどうぞよろしくおねがいします☆

店長 太田



サザンスカイタワー

土曜日の夕方6時半頃、南口で待ち合わせのために、遅れ気味の私が急いで歩いていくと、景色がキラキラした感じがしたので、そういえばサザンスカイタワーが1日にオープンしていたんだわ〜、と美しくなった南口をほぉ〜と改めて見上げました。
そこだけ突然、な感じは否めませんが( ̄▽ ̄;)

新しいって素敵、と陸橋の相互通行開通も南口側に住んでいる人間にとって、あの一時間の半分は閉まっている踏切でのストレスもなくなり、流れがさぞかし南口に…と見渡すと、いつも通りの南口、というか、人はそこそこ。
忘年会の前半のピークということがなければ、もっと少なかったのかもしれないから、何故かしら(´Д`)と、食事を終えて8時半頃また見てみると、さらに人が少なく、大きな窓ガラスがとられた、く〇ざわ書店もガラガラ、とても3日前にオープンした、という賑わいは感じられなかったのです。

まあ、それが八王子南口っていえばそうなんですが、入っている店舗のリストを見ても、何も目新しいものはなく、すでに北口にあったものばかり(>_<)

わざわざ南口に足を向けて買いに行くようなものは、私にはありませんでした。
お誕生日のプレゼントや、お礼の品など、ちょっといいものを探す時に、今まで八王子では買いたいものがなくて都内に行かなくてはならなかったので、文房具や食器、インテリア小物とか、なにかそういうお店が入るのかな〜と淡い期待をしていましたが、ガックリ。
残念、八王子。
遠いのは、距離だけじゃないようで…。

ハーブ アンド ドロシー

きゃーっ、ついに12月がやってきました!!

店長太田です。

日曜日、夕方から渋谷イメージフォーラムで、「ハーブ アンド ドロシー」観てきました。11/13日から公開から2週間、やっぱりまだ混んでました!!

「ハーブ アンド ドロシー」はNYで現代アートを収集しているヴォーゲル夫妻のドキュメンタリー映画です。

10月の終わり頃から、店内にポスターとDMをおいているので、なんだか二人のことはよく知っているような、そんな気になっていました…

ヴォーゲル夫妻はとってもキュートで、二人の鋭い視線の先にはなにか温かいものを感じました。そして、いつも二人は手をとって歩いていて、観ていて、はぁ〜いいなぁ〜と、ほんわりする瞬間がたくさんあります。

「これが好きだから。これが美しいから」と作品を買う二人の姿をみて、こんな風に自分の気持ちに素直にまっすぐに生きたいと思いました。

現代アートとか言われてもよくわかんないし…って方にもオススメしたい映画です。

イメージフォーラムでも、今年いっぱいの上映は決まっているようですので、上映前の予告はちょっと長いけど(^^;;

是非是非!!観に行って損はないですよ☆