先週の金曜日から、お店の前のユーロードで、八王子古本まつりが開催されています。
今日が最終日でしたが、毎日たくさんの人で賑わっていたようです。

最近は、若い世代にはケータイ小説やネット配信が人気のようで本そのものが売れないとか。
かくいう私も、縦書き世代なので文庫本派ですが、確かに最近はあまり読んでいないかも…。
(読むヒマがないと言い訳したい)

けれど、昔はよく読みましたよ。

本の中の一文に答えがあることが多々あり、その一行がまさにそこだけ浮いてくるような、しばらく動けなくなるようなショックを受けることも何度かありました。

今は情報が溢れ、言葉の持つ意味も軽くなってきてしまった感じも無きにしもあらずですが、でも、言葉、というもの の持つ力は、人を世界を動かすほど大きなもの、だと思います。

音楽でも、その歌詞の一行でカナシバリにあってしまうこともあり、それが何十年かたって、ラジオから突然流れてきたりすると、もうヤバイですよね…。
時空を超えます。
決してそこに戻りたいわけではないんですけどね( ̄▽ ̄;)

言わなきゃわからない

言わなくてもわかる

どちらも、むずかしいですけど、大事なこと、ですよね!