前から気になってはいたのですが、アゴストからほど近い場所に、八王子夢美術館があります。

9月17日から、エミール・ガレの陶芸展が始まるようで、これは行かなきゃ!!と太田店長と楽しみにしています。太田店長は、多摩美工芸科でガラスを専攻していたため、やはりガレというと気になるようです。

ガレの作品はもちろん素晴らしいと思いますが、陶器となるとどうなるのか、実際、今まで見たガレの作品はガラスばかりだったので…。

東京生まれ(外れの八王子ですが★)だと、東京タワーにわざわざ登りにいかないように、近くにあるこの八王子夢美術館には、実は初めて行くのです。

遠くNYのMoMAや、都内の美術館には何度も出かけて行くというのに、灯台もと暗しとはこのことですね。

電車でも、八王子夢美術館のパンフレットとを手にした方を見かけます。地元にも、ちゃんとした美術館がある、というのに反省です。